▲ ページの先頭へ

業務内容 -Works content-

まずはお気軽にご連絡してください。

TEL
0586-76-7638

業務の流れ

STEP01打ち合わせ

まず、なんといっても仕事は打ち合わせからです。
型枠工事の難しいところは、全く同じ建物と同じ条件の仕事がないということです。

ここでは各現場ごとの工事の方法、工事の日程などを決めていきます。

職人さんは昼間は現場に出ているので夕方に打ち合わせをすることが多いです。

STEP02加工図面作成

次は図面を元にした型枠を組み立てる為の加工図を作成します。

ここでの仕事が後の現場での作業に大きく影響するので非常に重要な仕事になります。

昔は1枚1枚手で書いて作りましたが、最近ではCADのソフトなどを使って作成することが多いです。

STEP03型枠の加工

作成した加工図を元にベニア・サンギを釘でとめて丸ノコで切断していきます。

釘も今ではほとんど手で打つことはありません。鉄砲という道具を使ってエアーで打ち込みます。

STEP04墨出し

レベル・トランシットといった測量器具を使って建物の基準線を決めていきます。

ここで出した墨(基準線)に後々型枠を建てていきます。

雨が降ったり濡れたりしていると、コンクリートに墨が付かないので晴れた日に行います。

STEP05型枠の運搬

型枠は形が不揃いの物が多いので、上手に積むにはテクニックと経験が必要になります。

現場で使う順番を考えて運んでいくので、職人さんとの打ち合わせが大切になります。

STEP06柱建て込み

基準になる墨に柱を立てていきます。

セパレーターとクイックタイという金物を使って型枠を締め付けます。

脚立に登っての作業が多いので、転落しないように安全帯を使用したりします。

STEP07梁架け

建てた柱に梁を架けていきます。

下で組んだ梁をクレーン車で持ち上げて柱の穴の開いているところにはめ込んでいきます。

STEP08壁の建て込み

梁を架けていったら次は壁の建て込みです。

ここではパネルという決まった寸法の型枠を使っていきます。

少しでも効率よくやっていくための工夫です。

最近はベニア・サンギ等の材料代も上がったのでいろいろ考えてやっています。

STEP09スラブ(天井・床)貼り

いよいよ最終段階にきました。

スラブ貼りです。

このスラブを貼ったら鉄筋業者さんがスラブ上に鉄筋を組んでいきます。

STEP10コンクリート打設

型枠大工が腕によりをかけて作った建物にコンクリートが流されていきます。

この為に仕事をしているんです。

コンクリート打ちの日にはたくさんの職種の人たちが現場にやってきます。

打ち合わせをしながら良いコンクリートを打てるように進めていきます。

STEP11完成

当社で使用しているエコウェルメッシュ(鋼製型枠)は、解体が不要で廃材をゼロにすることができます。

省略しましたがとりあえず建物完成です。

一生懸命やった仕事が形に残るので、みんなやりがいを感じてやっています。

少しでも興味を持てたら一緒に仕事をしてみませんか!!

DAN株式会社

〒491-0816 愛知県
一宮市千秋町浅野羽根字笹井10-1

まずはお気軽にご連絡してください。

TEL:
0586-76-7638